社会福祉法人 煌徳会

フォローアップ研修

フォローアップ研修

月に1回、入職3年目までの職員が集まり基礎知識の研修、先輩からのアドバイス、若手同士の交流を図っています。
仕事に対して同じような悩みや不安をもっている人はたくさんいます。それでもみんな頑張っているという状況を知り、自分とは違う考え方、努力の仕方もあるのかと知ることで勇気とやる気を大きくUPさせることができます。そして自分の課題を明らかにし、その課題を一つひとつ乗り越えていくことが、さらなる成長につながっていくことを目的としています。

フォローアップ研修

この1年働いてみて、嬉しかった事や辛かった事など皆で話してください。

フォローアップ研修

1 入職後の体制、指導内容などについて

「うちの施設は上司に相談しやすく、相談に乗ってくれるので新人の時に支えになった」
「私はまだ数か月の勤務で分からないことだらけだけど、毎日指導ノートで今日できたこと、どこまで指導が進んでいるかなど個別に分かりやすく工夫してくれて就職して良かったと思っています」
「あと入職後の研修で丁寧に指導してくれたのが、不安要素を取り除けた」
「腰痛がひどくなり、介護職を諦めていた時に法人から社会福祉士を活かした相談職への話があり、今とても充実して感謝している」

2 規律性について

「接遇などしっかり指導する代わりに非常識な髪型でなければ、カラーなどできるし、個性を大切にしてくれている法人で、逆により接遇をしっかりしようと思える」
「けっこうカラーの色味など厳しい法人もあるみたいで、ファッションは個性の一つでもあるから職場を選ぶ1つの基準だったりする」

フォローアップ研修

フォローアップ研修

3 不満点などについて

「介護の仕事がいい意味でも悪い意味でも想像していた世界と違っていました。他の職種の人との情報の共有ができていない時もあります。」
「チームワークが大切だけど、職種が違うと考え方も違うし、意見交換の時間がもっとあるといいよね」
「特養からショートステイに異動になって、独り立ちする期間が短くて不安だった」
「夜勤は20人の入居者を一人で介護するのは不安なので緊張してしまうので、独り立ちの時は不安だらけの勤務だよね」

4 入居者との関わりについて

「入居者の方が急変したり、亡くなったりするのは自分の身内がいなくなる感覚で辛かった。」
「ご利用者様が私のことを孫みたいに接してくれて、逆にケアされているような時もある」
「ありがとうと言われることが嬉しい!」
「時間が経つごとに信頼関係ができて、認知症の方も落ち着いてくれた時は業務に自信が持てました」

フォローアップ研修

お問い合わせ先
社会福祉法人 煌徳会 特別養護老人ホーム一倫荘 担当:吉田
TEL. 043-257-7000  FAX. 043-257-7025